B型肝炎
ホーム予防接種 > B型肝炎
下層バック画像01

● B型肝炎

B型肝炎ウイルスによるVPDです。このウイルスは、体に入ると肝炎をおこし、長く肝臓にすみついて(慢性化・キャリア化)、肝硬変や肝臓がんをおこします。毎年約2万人がかかっています。非常に感染力が強いウイルスで、感染経路はB型肝炎を持った母親からの分娩の時に子どもにうつったり(母子感染)、父親や家族や友人、ウイルスに汚染された血液の輸血や性行為などでの感染(水平感染)が知られています。しかし原因不明のこともよくあり、特に子どもの場合は原因不明のことが多いとされます。

最近は、3歳以上で感染しても慢性化(キャリア化)しやすい遺伝子型AというタイプのB型肝炎が日本でも広がっています。知らない間にキャリアになった家族などから子どもへの感染もめずらしくありません。

以前はB型の急性肝炎にかかっても治癒したらそれで完治と考えられていましたが、B型肝炎ウイルスの遺伝子は肝臓内に一生残ることが最近になってわかってきました。抗がん剤治療などで免疫力が低下すると重症の肝炎を発症するようです。
● 症状や経過
肝炎になると疲れやすくなって黄疸(おうだん)が出ます。ただし症状はごく軽い場合も多くあります。現在、もっとも流行している遺伝子型AによるB型肝炎では慢性化(キャリア化)することも少なくありません。
● 重症になると
急性に発病した肝炎が急激に非常に重い症状になることがあります。劇症肝炎と呼ばれ、生命が危険になります。
慢性化して適切な治療をしないと子どもでも肝硬変、肝臓がんへと進展します。
無症状の子どもでも肝臓に住み着いた肝炎のウイルスは一生残り、免疫治療などで再発して、重症化することもあります。
● 予防は?
B型肝炎ワクチン(任意接種・不活化ワクチン)で予防します。B型肝炎を予防するということは、肝臓がんを予防することにもなります。B型肝炎は世界で初めてのがん予防ワクチンです。 B型肝炎は母子感染や水平感染だけではなく、知らない間にかかることも多いので、WHO(世界保健機関)では、世界中の子どもたちに対して生まれたらすぐに国の定期接種として接種するように指示しています。世界の多くではWHOの指示通りに定期接種になっていて、生まれて1週間以内に産科施設で1回目を接種し、2か月頃に2回目、6~12か月頃に3回目を接種します。 日本でも全員への接種が望まれます。今後、定期接種になる見込みですが、定期化を待って接種時期を遅らせないでください。 日本では、母親がB型肝炎キャリアの場合は、生後1週間以内に産科施設でB型肝炎予防用の免疫グロブリンを接種します(母子感染予防として健康保険で接種できます)。母親がキャリアでないのであれば、生後2か月からヒブ、小児用肺炎球菌、ロタウイルスワクチンとの同時接種がおすすめです。今後、定期接種になる見込みですが、定期化を待って接種時期を遅らせないでください。

※「Know VPD」より引用    

ウインドウを閉じるボタン

下層バック画像02